代アニ【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】の評判と実態

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院(以下、代アニ)の【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】は、大学生もしくは社会人の方を対象とした全日制の学部です。

これは、通常行われている平日昼間中心の全日制カリキュラムを、大学生や社会人の方のために平日夜間と土曜日を中心に開講したものです。

 

代アニに入学してアニメーターや声優を本格的に勉強してみたい気持ちはあっても、今までは学校や仕事で行くことができなかったという方にとっては「利用しやすい」という声があります。

しかし、その一方で、通常の全日制学部と比較した場合、以下の3つの理由から「有効活用できる利用者は限られている」といった声も聞かれます。
  1. 代アニ全校舎で開講されているわけではない
  2. 代アニ全学科を受講できるわけではない
  3. 学費の負担が大きい
以下、詳しく解説していきます。

この記事では【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】が一部の利用者にとって「利用しやすい」という評判がある反面、実際に利用できる方は限られている点について解説していきます。

大学生、社会人で代アニ入学を検討している方にとって有益な情報となります。

 

いりうわ
いりうわ

【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】は、2023年4月時点で満18歳以上、大学在学中、または在職中の方であれば性別は不問で出願することができます。

※【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】を含む代アニの募集要項は毎年頻繁に細かい変更があります。無料の入学案内を取り寄せ、ご自分で必ず詳細の確認をお願いいたします。

入学案内は無料です↓

代々木アニメーション学院

 

 

代アニ【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】の評判と実態

率直に言えば、エンタメ業界で活躍したい夢がある大学生や社会人で、東京校の近くに住んでおり、かつ経済的余裕がある方にとっては、出願を検討してみたい学科です。

しかし、実際は本業が忙しく遠方の方も多いため、比較的学費も安く済む「週一コース」や「YOANI  ONLINE]を活用する方が増えてきているのが現状です。

代アニ全校舎で開講されているわけではない

2023年4月生募集要項では、代アニ10校舎あるうち東京校のみの開講です。

基本的に、平日は学校や仕事が終わってから東京校に向かうことになりますので、利用するには無理なく通学できるかどうか距離の問題がまずネックになってきます。

 

<【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】のスケジュール例>

10:00~13:00
14:00~17:00
19:00~21:00

※授業外学習として動画教材を活用したeラーニングも行います。
※学科により時間が異なる場合があります。

引用元:代々木アニメーション学院公式

いりうわ
いりうわ

ちなみに、通常の全日制クラスの授業時間は午前クラス・昼間クラスの2部制となります。9時00分から12時10分までのクラス、12時50分から16時00分までのクラスのいずれかとなっています。

 

代アニ全学科を受講できるわけではない

全日制には全8学部27学科(※2023年4月入学生)あるのに対し【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】で開講されているは、そのうちの4学科のみです。

いずれも出願希望者が毎年多い人気学科で、有名な卒業生も多い主軸と言える学科がピックアップされています。

声優タレント科

声優タレント科は有名な講師による特別授業(※成績優秀者選抜など条件あり)や、講演会なども頻繁に開催されていますが、元々時間が限られている大学生や社会人を対象とした学科であるため、夜間と土曜中心だとそういった特典や恩恵を享受しにくい面はあります。

また、たとえ全日制でしっかりカリキュラムをこなしたとしても、声優として活躍できるのは、ほんの一握りです。

アニメーター科

学習に必要なタブレットが供与され、持ち帰りも自由なので、特に夜間だから学習環境が不利であるという印象は受けません。

実力をアピールするためのポートフォリオ制作は、じっくりと時間をかけて集中する必要もあるため、仕事や大学と両立できるかどうかは自分の努力次第です。

イラスト科

例えば、Photoshop、Illustrator、CLIP STUDIOといったソフトの使い方などを学ぶのに【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】ではできないということはありません。

アニメーター科同様、ポートフォリオ制作が肝となる学科ですので、この点に不安がある方はたとえ夜間や週末の時間を使ってでも通う価値はあるでしょう。

マンガ科

マンガを描くための基礎を学びたい方はもちろん、紙とペンではなくデジタルコミックの知識を知りたい方も多く通われます。

会社勤めを続けながらもマンガ家になる夢を捨てきれない方が、何とかデビューする道はないものか模索した末【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】出願を決めることもあります。

 

学費の負担が大きい

仕事や大学と両立させて代アニのカリキュラムを学習する意思はあっても、学費が高くて断念してしまう方は非常に多いです。

夜間と土曜中心なので、通常の全日制より割安だろうと思いがちですが、実は学費自体は同額です。

選択する学科(コース)によって多少金額に違いはありますが、どの学科でも2年間で約300万円は必要になるようです。

いりうわ
いりうわ

全日制学部と同等のカリキュラムを受けることができるため、この金額をどう受け止めるかというところです。

 

声優タレント科の学費

  • 1年次学費合計:【学費合計】1,553,000円
  • 2年次学費合計:【学費合計】1,331,000円

アニメーター科・イラスト科・マンガ科の学費

  • 1年次学費合計:【学費合計】1,597,000円
  • 2年次学費合計:【学費合計】1,375,000円
いりうわ
いりうわ

実際は、この他にも教材費などで細かい費用が発生します。

学費免除などがある「学費サポート」を有効利用するべきです。

 

◆詳しい学費と学費免除などの学費サポートについては別記事で詳しく解説しています。

まとめ

  • 【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】を有効的に利用できる方は限られている
  • 距離や学費の関係で「週一コース」や「YOANI  ONLINE]を活用する方が増えているのが現状
  • 東京校のみ4学科のみの開講だが、全日制と同等のカリキュラムが組まれている
  • 学費の面では学費サポートを利用したい

※当サイトは代アニ「入学案内」「募集要項」に記されている公式な情報を基にしておりますが「募集要項」は毎年頻繁に細かい変更があります。特に【全日Wスクール学部/全日社会人夜間学部】の開講状況は急に変更することがあります。無料の入学案内を取り寄せ、ご自分で必ず詳細の確認をお願いいたします。

無料ですが数量限定↓

代々木アニメーション学院

コメント